新規高度技術を用いた製造プロセスや新エネルギーシステムなどでは、安全は必要不可欠な要件であり、十分な安全技術を盛り込むことだけでなく、社会受容性が求められています。そのため、高度化する社会の安全確保を目指した工学的研究は、安全工学という学問分野として重要視されています。当研究室では、安全・安心な社会の構築に貢献すべく、燃焼学や化学流体力学をベースとして火災や爆発など燃焼に起因した災害現象に関して、現象の解明から防災技術の検討や安全論の構築等幅広く展開しています。

Safety is an essential requirement for manufacturing processes using new advanced technologies and new energy systems, which require not only the incorporation of sufficient safety technology but also social acceptability. For this reason, engineering research aimed at ensuring safety in an increasingly sophisticated society is considered important as the academic field of safety engineering. In order to contribute to the construction of a safe and secure society, our laboratory is developing a wide range of research on combustion-related disaster phenomena such as fire and explosion based on combustion science and chemical fluid dynamics, from the elucidation of the phenomena to the study of accident prevention technologies and the development of safety theories.

キーワード:ガス爆発、粉じん爆発、火災、デトネーション、水素安全、安全工学
Keywords:Gas Explosion, Dust Explosion, Fire, Detonation, Hydrogen Safety, Safey Engineering

トピックス/Topics

メンバー/Member

研究内容/Research

研究成果/Publications

住所〒113-8656
東京都文京区本郷7-3-1  東京大学工学部8号館816号室
TEL03-5841-1837
Emailt_mogi[@]chemsys.t.u-tokyo.ac.jp 
※[@]は@に変更してください。
アクセスエレベータで7階まで上がって、さらに階段を上がってください。